ロゴデザインリニューアル

ds2014

「職人肌のデザイナーに足りない部分を、セミナーによって提案・サポートすること」
それをロゴで表現するために「Designer」の頭文字「D」に足りない部分を作り出し、
それを強調させることで、その部分をセミナーがサポートするという考えから作成しています。

ds2014_2

これまでの「ライトな印象のロゴタイプ」を受け継ぎ
参加しやすく、楽しい印象を与えやすい
太いロゴタイプを作成しました。
「イベント感」を強く出した案です。

ds2014_3