口だけポスター

口だけポスター

 

板宿という場所に来てもらうためのポスター展に参加しました。

『第1回ブラインドアワード』

数十名のデザイナーなどが参加したこの展示。みなさんいろんな切り口で板宿を表現していました。

面白かったですよ。

第1回ということで、第2回3回と、いろんなブラインドアワードがあれば、ぜひとも参加させていただきたいですね。

 

作品コンセプト

私が板宿を訪れた時に感じたのは「日本の平均的な生活するための町」。
観光地のような、ウソっぽさのない、純粋に「生活する場所」という印象が強い町でした。
商店街があり、広い公園があり、なかなか終わらない工事中の場所があり、
学生が通学し、おばぁちゃんが横断歩道を歩き、飲み屋が並ぶ。
どこにでもある風景のように思えたのが事実でした。

その純粋でノーマルな町をそのままポスターにしたところで、あまり興味を引くものはできない。
さらに「板宿じゃなくても使えるポスター」になってしまいがちなので、ちょっと視点を変えて作成してみました。

「イタジュク」とも読める板宿という文字。この名前を全く知らない方にも興味をもってもらえるようにと考えた案です。
板宿がお店の名前、人の名前、地名かどうかも分からない人もいるだろうと思い、「神戸の町 板宿」として、
神戸という知名度のある市名にくっつけて、板宿が町の名前だと分かるようにしています。

板宿の雰囲気を崩し過ぎないように、あまり過激にならず、平凡になり過ぎない程度の色を選びデザインしています。

一度立ち止まって「い・た・や・ど」と、口を動かしてもらえたら嬉しいです。

 

残念ながら、この作品は賞をもらえませんでしたが、今度は取ってやりますよ!

協力して頂いた「口」の方々、本当にありがとうございました!

1186123_532914870110803_760061381_n

1000052_496218180447139_1200866256_n

 

 

Post to Google Buzz
Share on StumbleUpon
Share on LinkedIn