a blind spot様 ポストカード

「そこにあるのが当たり前」
それが先入観の始まりである。
この先入観を取り除いた作品表現がブラインドスポットのアートワークとなる。

死角を再確認するためには、死角を見つけなくてはならない。
その一つの方法として、先入観や概念を忘れ、
初めて対象に触れる(見る)感覚が重要である。
また、知っているものを疑うことも一つの手である。

それによってできあがったデザインが
ブラインドスポットのアートワークであり、
「あなたは何かに囚われすぎてはいないか?あなたはあなた自身の感覚で再確認してください。」
という訴えを含むものがベストであると考える。

今回のポストカードデザインは誰でも分かる花「バラ」を使用して、
主役となるはずの「バラ」を、ぼかして撮影した。
周囲があってこそ主役は引き立つもの。
この写真は、誰もが気にせず通り過ぎてしまう、主役以外の周囲に目をむけ、
その価値や意味を再度考えてもらいたい。そんな意味を込めたデザインです。

 

a blind spot

http://www.a-blind-spot.jp/

〒654-0026兵庫県神戸市須磨区大池町4丁目1番42号


大きな地図で見る

Post to Google Buzz
Share on StumbleUpon
Share on LinkedIn