前回のTシャツ生地で包んだ原型を硬くするために、まずはポリエステル樹脂を生地に染み込ませていきます。
なぜこれをするのかと言うと、
このままFRP積層をしてしまうと、生地とガラス繊維の間にたくさんの気泡ができるんじゃないかと思ったからです。
これができると後々面倒なので、なるべくスムーズに積層できるようにするために、
生地を樹脂で硬化させます。

写真がハケ塗で樹脂を染み込ませた状態です。
少し段差のところに曲面ができているのがわかるでしょうか。
この部分が積層していくと徐々に少なくなってきますよ。

Tシャツなので、柄が浮き出てきましたw

生地が硬化したらいよいよ積層です

工程をスムーズにするために、先にガラスマットをサイズに合わせてカットしておきます。

ガラスマットを大きめにカット

曲線の形をしているので、端っこ部分は全て切り込みを入れておきます。

ガラスマットは#450くらいでしょうか。良く売られているヤツです。

これを一層だけ積層します。

含浸させて1層だけ積層

樹脂は150mlくらいあればいいかなぁ。

シッカリと刷毛で含浸しながら貼り付けていきます。

ガラスマット全体が密着したら、脱泡ローラーで気泡抜き。

なかなか時間がかかりました。終了まで30分かかりました。

プロはこれを簡単にやってしまうんでしょうが、私は少しずつ成長していきます!

 

次回はいらない部分をカットしていきます。